短時間で済ませる|卒業や転勤シーズンを避けて引越しをしよう|料金を安く抑える

卒業や転勤シーズンを避けて引越しをしよう|料金を安く抑える

作業員

短時間で済ませる

ガムテープと軍手

荷造りを工夫します

引越しの荷造りはポイントを押さえて、テンポよく進めるようにします。荷造りをするときにまずすることは、新居先の図面を用意することです。そして、各部屋に番号や記号を記入します。同じように、荷造りの段ボールにも番号や記号を記入しておきます。この荷造りの仕方の特徴は、引越し先で荷物を取り出すときに便利であるところです。業者のトラックで運ばれ新居に運び込んだものの、中のものが何かがわからなくて荷ほどきに時間がかかってしまうことがあります。そのようなことがないように、荷造りをする段階で荷物を部屋ごとにわけておくと短い時間で判断ができて便利です。また、引越し先で急に必要になった荷物があったときにも、すぐに見つけることができます。

一覧にしてまとめます

引越しには、見落としがちなことがたくさんあります。引越しに必要な事項を忘れないようにするために人気のある方法は、手帳やノートにまとめておくという方法です。例えば転居届は、現在住んでいる家の市町村役所で手続きが必要です。しかし、転入届は新しく住む家の市町村役所で手続きをします。どこでどんな手続きが必要で、どんな書類が必要かなどを一覧にして書き出しておくと、見落としを防げます。また、新しく住む家の市町村役所では、印鑑登録なども行います。同時に手続きをすれば、一回で済ませることができます。事前に書き出しておくことで、用事をまとめて行うこともできます。さらに、銀行預金は窓口での手続きが必要です。営業時間内に手続きできるように予定を調整します。