安くする方法|卒業や転勤シーズンを避けて引越しをしよう|料金を安く抑える

卒業や転勤シーズンを避けて引越しをしよう|料金を安く抑える

作業員

安くする方法

腕

大手より中小業者

これから引越し業者を手配するのに、どの業者にお願いしようかパッと思いつくのは、テレビCMでも流れているような大手の業者を思い浮かばれる方が多いです。安い料金で引越しをしたいとなると、大手業者は広告宣伝費も上乗せされているので割高な料金になることが多いのです。その点、中小の引越し業者であれば宣伝費をかけていませんので、その分大手と比較すると安い料金設定なのです。しかし、安いからといって業者選びは慎重でなければならないです。大手であれば、ピアノの運搬や不要処分といったサービスを行っていますが、中小であれば運搬のみの場合が多いので、別途他の業者に依頼しなければならないです。安いと思ったら保険に加入していない業者であったということもあるので、業者選びは注意が必要です。

3月は避ける

1年の中で引越し料金が一番高いのは3月です。4月からの新年度をスタートさせるために、3月に引っ越し需要が高まるのは当然です。また、多くの方が引越しされますので早めに手配しないと希望に日に引越しできないこともあります。都合があるとは思いますが、2月や4月のはじめなどであれば3月と比べると安い料金に設定されています。また、意外と知られていないのが、仏滅に日に引越しをすることです。都心では、あまり気にする人はいないのですが、地方であると何か人生の区切りをつける日に、結婚式ほどではないものの仏滅を嫌うという方が、多いので、安い料金になっていることが多いのです。気にしない方であれば、敢えてそういった日を選んでみることで安くなります。